×

「黒い犬かと思った!」珍しい真っ黒のキツネを撮影 家族が2度目撃 北海道厚岸町

2023年12月4日 15:45
「黒い犬かと思った!」珍しい真っ黒のキツネを撮影 家族が2度目撃 北海道厚岸町

珍しい真っ黒のキツネが北海道厚岸町の上尾幌地区で2度、地元の住民に目撃されました。

1回目は11月26日の夕方で、自宅近くの町道を車で通りがかった女性が撮影しました。

黒いキツネは林の中に座っていましたが、女性に気づいても足でお腹をかいたり寝転ぶ仕草を見せ、逃げる様子はありませんでした。

その後も女性を見つめていましたが1分ほどで姿を消しました。

2回目は12月2日午後4時前、1回目の場所から200メートルほど離れた道路脇で女性の義父が買い物帰りに見つけ撮影しました。

座っていた黒いキツネは義父と30秒ほど見つめ合うと林に戻ろうとしますが、すぐ振り返り様子を伺っていました。

撮影した義父は「最初は犬かと思ったが、尻尾を見てキツネと気づきビックリした。黒と茶色が混じったキツネはたまに見るが真っ黒いキツネは初めて」と驚いています。

釧路市動物園は「黒いキツネは毛皮用に持ち込まれたとの説や昔から生息していたなど諸説あり生態はわかっていない」とした上で、「北海道でも数年に一度目撃されるが、人慣れしている可能性があり見つけてもエサを与えたり追いかけたりしないよう静かに見守って欲しい」と話しています。

    • STV NEWS NNN
    • 「黒い犬かと思った!」珍しい真っ黒のキツネを撮影 家族が2度目撃 北海道厚岸町