日テレNEWS
カルチャー
2022年4月9日 21:08

マドンナら著名人が難民や避難民のためにウクライナ支援を呼びかけ 歌で届けるメッセージ

マドンナら著名人が難民や避難民のためにウクライナ支援を呼びかけ 歌で届けるメッセージ
マドンナ(写真:Press Association/アフロ)

貧困擁護団体の『Global Citizen』が日本時間9日、ウクライナと世界のすべての難民救済を目的にしたキャンペーン『Stand Up For Ukraine』を開始。

その一環で影響力のある世界中の著名人たちが『#StandUpForUkraine』というハッシュタグを立て、難民や避難民たちのために結束することをSNSに示しました。

これは、日本時間4日に行われたグラミー賞の授賞式で、ウクライナのゼレンスキー大統領が、アーティストやミュージシャンに向けて自国の支援を呼びかけたことに対するものとなります。

ミュージシャンや俳優、アスリート、エンターテイナーなど多くの著名人が賛同したこのキャンペーン。ミュージシャンでは、エルトン・ジョン、ボン・ジョヴィ、メタリカ、レッド・ホット・チリ・ペッパーズ、セリーヌ・ディオン、レニー・クラヴィッツ、グリーン・デイ、ジェニファー・ロペス、ケイティ・ペリー、ジョナス・ブラザーズなどがウクライナへの支援を呼びかけています。

マドンナは自身のインスタグラムに動画を投稿。その中で「先週のグラミー賞授賞式でゼレンスキー大統領が雄弁に語ったように、音楽は人々を団結させます。そこで、息子のデヴィッド・バンダと私は、私たちの大好きな歌を皆さんにプレゼントしたいと思います」と話し、エルトン・ジョンの『Your Song』をピアノで弾き語りする様子を披露。

続けて「ウクライナのための資金援助や人道的努力を支援するために、みんなの声を世界中に届けましょう。ウクライナのために立ち上がろう!」と訴えました。