日テレNEWS
カルチャー
2022年1月29日 20:00

佐野勇斗「おうちでできたのえらいよ」 元野犬の“トイトレ”成功に感動

佐野勇斗「おうちでできたのえらいよ」 元野犬の“トイトレ”成功に感動
スマートフォンでウォンカの様子を見る佐野勇斗さん

俳優の佐野勇斗さんが、29日放送の日本テレビ系『I LOVE みんなのどうぶつ園』に出演。共同生活を始めた保護犬・ウォンカ(推定5歳)のトイレトレーニングに奮闘しました。

ウォンカは広島県で保護された元野犬。保護されてから約4年が経ちますが、なかなか人に心を開きません。“人との距離を縮めてほしい”という保護施設の要望を受け、番組が家を借り、犬好きの佐野さんが“預かりボランティア”として一緒に生活。その様子を定点カメラで撮影しています。

前回の放送では、手からのエサあげに成功した佐野さんでしたが、実は初日から気がかりなことがありました。それはトイレトレーニング。ケージ内にトイレシートを敷いていましたが、2日目にウォンカは窓際でおしっこをしてしまいました。

佐野さんは「えらいね、ウォンちゃん。おうちでできたのえらいよ」と褒めることを忘れず、保護施設の立崎さんから教わった“トイレの覚えさせ方”を実践。使用済みのにおい付きシートをケージ内に置き「本当はここでしてほしいから。ここで次からしてくれるとうれしいです」と穏やかな声で語りかけました。

その様子をじっと見つめていたウォンカは、佐野さんが「今日はえらかったので、おやつ食べる?」と聞くと、トコトコとケージの外に出て手からエサをパクリ。それから床におなかをつけた“伏せのポーズ”でリラックスした状態になり、佐野さんも腹ばいになってそばに寄りました。

そして、佐野さんの外出時には、出先から室内を見られる遠隔操作型カメラが活躍しました。スマートフォンで様子をうかがうと、ケージを出てはおすわりを繰り返すウォンカが、トイレシートの上でおしっことウンチをする姿を確認。

佐野さんは帰宅するやいなやケージに駆け寄り「おしっことウンチできたの!すごい」と拍手を送り、「こんなにウンチに感動する日が来るとは思わなかったよ」としみじみ。「この世界で仕事をしているとね、大変なこともあるんだけどね。ウォンちゃんのおしっことウンチで今日はそれがすべて吹っ飛んだよ」と思いを打ち明けました。