日テレNEWS
カルチャー
2021年11月24日 17:43

吉岡里帆、今年は「舞台で“ぎっくり腰”」

吉岡里帆、今年は「舞台で“ぎっくり腰”」
(c)NNN

俳優の妻夫木聡さん(40)吉岡里帆さん(28)らが24日、「年末ジャンボ宝くじ」「年末ジャンボミニ」発売記念イベントに登場しました。

この日は、妻夫木さんらが演じる個性豊かな“5人きょうだい”が、こたつに入り鍋を囲む内容の新CMにちなんで、こたつのセットでトーク。

長男を演じた妻夫木さんは「こんな巨大なこたつ初めて見ましたよ(笑)よくこれ作っていただけましたねこの会見のために」と目を丸くしました。

一方、去年のCMに続き今年も長女役の吉岡さんは「ここの(CMの)現場に来るときの感覚が“家に着いた”みたいな感覚になってきてて最近本当に。前だと、撮影現場って緊張しますし気を遣っちゃったりとかするんですけど、“家だな”っていう感じが本当にしていて、(周りの人たちが)温かいですし、ボーッとしてても自然にみんなが受け入れてくれてたりとか、すごく居心地がいい現場になったなと思います」と明かしました。

また、この日は“年末ジャンボ宝くじ”にちなみ「今年あった“ジャンボ”な出来事は?」をテーマにトーク。

吉岡さんは、「最近舞台で“ぎっくり腰”をやっちゃったんですけど、ずっと公演は続いていくので焦っていたら、ディカプリオさんの施術もされたことがあるっていうすごい“ゴットハンド”の先生に出会いまして。“20分で直せます”って言われて、全く曲がらなかった腰が本当に20分で戻って、ちょっとびっくりしました。これからもケガしても大丈夫って思いました(笑)」と笑いを誘いながらエピソードを披露しました。