×

『最優秀男優賞』受賞のソン・ガンホ来日 主演作は「国を越えて、誰にとっても共感できる温かい物語」

2022年6月26日 21:45
『最優秀男優賞』受賞のソン・ガンホ来日 主演作は「国を越えて、誰にとっても共感できる温かい物語」
舞台挨拶に登場したソン・ガンホさん
カンヌ国際映画祭で『最優秀男優賞』を受賞した韓国の俳優、ソン・ガンホさんが26日、映画『ベイビー・ブローカー』(全国公開中)の来日記念舞台挨拶に登場。カン・ドンウォンさん、歌手のIUことイ・ジウンさん、イ・ジュヨンさんら豪華キャスト陣に加え、是枝裕和監督も出席しました。

25日に来日したというソン・ガンホさんは成田空港に到着した時のことを「イ・ジウンさんは日本でも有名で、実際100人以上のファンが集まったが、カン・ドンウォンさんを見るために集まったのは3人だったそうです。ちなみに、私は5人来てくださっていました(笑)。なので、とても気分が良い1日になりました」と話し、観客の笑いを誘いました。

映画は、子供を育てられなくなった親が赤ちゃんを匿名で預ける、いわゆる「赤ちゃんポスト」をめぐる人間模様を描いた物語です。カンヌ国際映画祭では“人間の内面を豊かに描いた作品”に与えられる『エキュメニカル審査員賞』と、ソン・ガンホさんの『最優秀男優賞』と合わせて2冠に輝きました。

ソン・ガンホさんは作品について「国を越えて、誰にとっても共感できる温かい物語だと思います。みなさんにもその思いを受け取って、共感していただける、そんな意味ある時間として記憶されてほしいと願っています」とコメントしました。

15年以上前のソン・ガンホさんとの出会いについて、是枝監督は「“韓国で映画を撮るなら誰を主演に撮りたいですか”とインタビューされてソン・ガンホさんの名前を出させていただいた。その帰りのエレベーターのドアが開いたらソン・ガンホさんがいたんです。何か縁があるんだろうなと思ってたんですけど、こういう形で作品に結実して、このキャストで日本の公開を迎えられたことをうれしく思っています」と語りました。

作品に参加する前から是枝監督のファンだったというキャスト陣。今回のキャスティングに至った理由について、是枝監督は「ソン・ガンホさんとカン・ドンウォンさん、ペ・ドゥナさんは以前から関係があり、当て書きしてました。イ・ジウンさんとイ・ジュヨンさんはコロナ禍に韓国ドラマにハマり、うわ!って印象に残った2人にお声がけをしました」ときっかけを明かし、歌手としても活動する
イ・ジウンさんについては「IUさん(イ・ジウン)の昔からのファンに申し訳ない。にわかファンなんですけど、一番僕が幸せだった現場ですね。理想的なキャスティングが実現してしまいました」と笑みを浮かべました。


(C)2022 ZIP CINEMA & CJ ENM Co., Ltd., ALL RIGHTS RESERVED

  • 日テレNEWS NNN
  • カルチャー
  • 『最優秀男優賞』受賞のソン・ガンホ来日 主演作は「国を越えて、誰にとっても共感できる温かい物語」