×

  • 日テレNEWS NNN
  • 経済
  • 尾身会長ら分科会有志が「緊急提言案」…今後のコロナ対策“2段階で移行”

尾身会長ら分科会有志が「緊急提言案」…今後のコロナ対策“2段階で移行”

2022年8月2日 14:33
尾身会長ら分科会有志が「緊急提言案」…今後のコロナ対策“2段階で移行”

政府のコロナ分科会の尾身会長ら有志らがまとめた、今後のコロナ対策を2段階で変えていく提言案が日本テレビの取材でわかりました。感染者の全数把握をやめることなどが盛り込まれています。

オミクロン株の「BA.5」系統を中心に感染拡大が続く中、政府のコロナ分科会の委員らは今後の対策を、2段階で移行する緊急提言案をまとめました。

この提言案では、医療対応、保健所や行政の対応、感染状況の把握、高齢福祉施設対応、インバウンド対応の5つの項目について、現在の法解釈の範囲で対応可能な「ステップ1」と、法改正や通知の変更を伴う「ステップ2」の2段階で変えていくことを盛り込んでいます。

たとえば、感染者の急増により保健所などの業務圧迫が指摘されている感染状況の把握については、死亡者などの把握は継続しつつ、現在の全数把握とは異なる新たな方法の導入を提言しています。

これらの提言は、夕方に尾身会長らが会見し、発表する方針です。