日テレNEWS
経済
2014年12月19日 17:51

11月の百貨店売上高 8か月連続マイナス

11月の百貨店売上高 8か月連続マイナス
(c)NNN

 全国の百貨店の11月の売上高は5581億円で、8か月連続でマイナスとなった。

 日本百貨店協会によると、11月の百貨店の売上高は5581億円で前年比1.0%減となった。平均気温が高めに推移したことから主力の冬物衣料品が不振だった。また東京など主要10都市の売り上げは、前年比0.1%増と3か月ぶりにプラスとなったが、10都市以外では3.1%減と8か月連続でマイナスとなった。日本百貨店協会は「消費者の賃金上昇の度合いに差がある」と分析している。

 一方、外国人観光客向けの販売は約92億1000万円と過去最高を記録した。10月から免税品の対象が全品に拡大されてから、順調に数字を伸ばしている。