日テレNEWS
経済
2015年5月21日 15:02

+300円で組み合わせ自由 マック新戦略

+300円で組み合わせ自由 マック新戦略
(c)NNN

 異物混入問題などで業績の低迷が続く日本マクドナルドは21日、セットメニューの見直しや野菜を使った新メニューなど、新たな取り組みを発表した。

 日本マクドナルドは、これまでのセットメニューを見直し、バーガー料金+一律300円で、ポテトなどのサイドメニューやドリンクを、客が自由にアレンジできるようにすると発表した。これに伴い、メニューボードもリニューアルし、世界中のマクドナルドで初めて、手に持って見られるメニュー表を導入した。

 日本マクドナルド・カサノバCEO「私どもが最近目にしたのは、一連の問題以降、家族連れ、女性客が減少していること」

 また、野菜を使ったメニューを増やし、一連の問題以降、離れたファミリー層や女性客の取り込みを図る。マクドナルドはこうした取り組みで業績の回復を図りたい考えで、今月25日から全国で開始する予定。