日テレNEWS
経済
2016年4月15日 14:35

G20開幕 “パナマ文書”問題も協議か

G20開幕 “パナマ文書”問題も協議か
(c)NNN

 G20財務相・中央銀行総裁会議が14日、アメリカ・ワシントンで始まった。世界経済の見通しのほか、いわゆる「パナマ文書」の問題も協議される見通し。

 初日のワーキングディナーでは、世界経済には“下振れリスク”がなお存在するという認識から、各国が財政・金融政策と構造改革を組み合わせて対応していくことの重要性が話し合われた。

 麻生財務相「(世界の)実体経済のファンダメンタルズ(基礎的条件)は底堅いので、G20としてはバランスのとれたメッセージを出す必要があると指摘しています」

 また麻生財務相は日本の財政政策について、昨年度の補正予算の早期実施や今年度予算の前倒し執行に努めていることを各国に説明した。

 2日目の議論では、いわゆる「パナマ文書」が流出しタックスヘイブン(=租税回避地)での「課税逃れ」が指摘されている問題についても対策が議論される見通し。