日テレNEWS
経済
2019年11月1日 2:00

台風15号での停電“検証”中間とりまとめ

台風15号での停電“検証”中間とりまとめ
(c)NNN

台風15号の影響で千葉県で発生した大規模停電をめぐり、復旧が長引いたことなどを検証する会議の中間とりまとめが行われた。

10月31日の会合では、災害時に他の電力会社が電源車を派遣する際、その費用負担が被害が発生している電力会社側の費用負担になる中、要請される前に緊急支援をするプッシュ型支援をどこまでするかに関する意見が相次いだ。

コストを考えて派遣に消極的になってはいけないという意見があった一方、災害の大きさに対して支援が過大になってしまうのはコストに見合わないなどの意見も出た。

また、他社の災害時の教訓を生かしているのかという質問が出るなど、電力会社同士や、自衛隊、住民などとの連携のありかたについても議論が集中した。

31日に話し合われた論点をもとに、今後は個別の委員会に分かれて議論を重ね、年内に検証結果をとりまとめる方針。