×

  • 日テレNEWS NNN
  • 経済
  • メガバンク3グループ、中間決算好調 円安や米国金利の上昇で利益押し上げ

メガバンク3グループ、中間決算好調 円安や米国金利の上昇で利益押し上げ

2023年11月14日 22:20
メガバンク3グループ、中間決算好調 円安や米国金利の上昇で利益押し上げ

メガバンク3グループの今年4月から9月までの中間決算が出そろいました。いずれも円安やアメリカの金利上昇により、利益が押し上げられ、堅調な業績となりました。

「三菱UFJフィナンシャル・グループ」が14日に発表した今年4月から9月までの決算で、純利益は去年のおよそ4倍となる9272億円でした。この時期としては過去最高の利益となります。

また、「三井住友フィナンシャルグループ」の純利益は去年より0.2%増となる5264億円で、「みずほフィナンシャルグループ」は去年より24.4%増の4157億円でした。

3グループとも、コロナ禍からの経済活動の回復で国内の取引が増加したことに加え、円安により海外ビジネスが好調で、特にアメリカの金利上昇を受けて、貸し出しの利ざやが改善したことが利益を押し上げました。