日テレNEWS
経済
2022年4月28日 14:41

1ドル=130円台突破 約20年ぶり 日銀の金融緩和策継続受け

1ドル=130円台突破 約20年ぶり 日銀の金融緩和策継続受け

東京外国為替市場で円相場が1ドル=130円を突破し、2002年4月以来、およそ20年ぶりの円安水準となりました。

日本銀行が28日行った金融政策決定会合で今の大規模な金融緩和の継続を決めたことを受けて、円安が進んでいます。

日銀は、金利が上がらないようにするいわゆる「指値オペ」を原則毎日行うということを発表し、金融緩和の姿勢をあらためて強く打ち出しました。

日米の金利差が今後も広がることから、投資家が円売りドル買いをさらに進める状況となっています。

東京市場では短時間に円相場が1円以上大きく動き、1ドル=130円を突破しました。