日テレNEWS
国際
2012年2月8日 3:32

新たな緊縮策に反発しストやデモ ギリシャ

 財政危機に陥っているギリシャで7日、新たな緊縮策に反発する労働組合がストライキやデモを行った。

 ギリシャは、EU(=ヨーロッパ連合)やIMF(=国際通貨基金)などから1300億ユーロ(約13兆円)の第2次支援を受ける条件として、新たな緊縮策を求められている。政府は6日、今年中に公務員を1万5000人削減することなどを発表したが、連立与党内の調整が難航している。

 公務員と民間の労働組合は7日、緊縮策に反発して、24時間のストライキを実施した。電車などの交通機関に影響が出ていて、アテネ市内の広場では集会が開かれている。

 ギリシャは、債務の削減をめぐる民間金融機関との交渉も難航していて、国債の大量償還が3月に迫る中、再び債務不履行(=デフォルト)となるおそれが高まっている。