日テレNEWS
国際
2012年4月25日 2:07

日中関係、善意あれば解決できる~習近平氏

日中関係、善意あれば解決できる~習近平氏
(c)NNN

 東京・石原慎太郎都知事が沖縄・尖閣諸島を買い取る方針を示す中、中国・習近平国家副主席は24日、「日中関係は時々、問題が起こるが、善意があれば解決できる」と強調し、日本側に両国関係を悪化させないよう求めた。

 習副主席は24日、中国・北京を訪問している前衆議院議長・河野洋平氏らと会談した。会談で習副主席は、日中関係について、「時々、あれこれ問題が起きるのは不思議ではないが、小さな問題だ。善意と友好の気持ちがあれば解決できる」と強調した。発言は、石原知事の尖閣諸島の購入方針を念頭に置いたものとみられる。

 その上で、習副主席は「相手にとって核心的な問題は、両国が適切に処理すべきだ。コントロールできないようになってはいけない」とけん制、日本側に対して両国関係を悪化させないよう求めた。