日テレNEWS
国際
2012年6月15日 9:01

エジプト議会、解散へ 大統領選にも影響か

エジプト議会、解散へ 大統領選にも影響か
(c)NNN

 エジプトの最高裁は14日、先の議会選挙に不備があったとして、議席の3分の1を無効とする判決を下した。イスラム系政党が多数を占める議会は解散する見通しとなり、16日に控えた大統領選挙にも影響を与えそうだ。

 最高裁の判決を受けて、イスラム勢力が多数を占める議会は解散に追い込まれることになる。同時に、イスラム勢力の推すモルシー候補と決選投票を争う元首相・シャフィーク候補にとっては投票直前に追い風が吹いた形。

 「旧体制の象徴」と批判されるシャフィーク候補だが、経済界からの支持は絶大だ。軍出身のシャフィーク候補に期待が集まる背景には、長引く混乱で治安が悪化していることがある。盗難事件が続発しており、貴重な古代遺産の被害も後を絶たない。文化財の盗難事件はここ3か月で40件以上で、治安悪化は危機的な状況となっている。

 新しい大統領はエジプトを安定に導くことができるのか。決選投票は16日と17日に行われる。