×

  • 日テレNEWS NNN
  • 国際
  • ウクライナにクラスター爆弾を供与へ バイデン大統領「難しい決断だった」

ウクライナにクラスター爆弾を供与へ バイデン大統領「難しい決断だった」

2023年7月8日 12:28

アメリカのバイデン政権は7日、殺傷力の高いクラスター爆弾をウクライナに供与すると発表しました。

クラスター爆弾は広い範囲を無差別に攻撃する殺傷力の高さに加え、不発弾が多く、民間人に被害が及ぶ懸念があることから、バイデン政権はこれまで供与に慎重でした。

しかし、ウクライナが反転攻勢に苦戦する中、7日に発表した新たな軍事支援に初めてクラスター爆弾の供与を盛り込みました。

バイデン大統領は7日のCNNのインタビューで、「難しい決断だった」とした上で、「ウクライナ軍は弾薬を使い果たしている」と供与の理由を説明しました。アメリカが通常弾薬を増産し、ウクライナに供与するまでの一時的な措置だと強調しています。

また国防総省は、ロシアがウクライナでクラスター爆弾を使用し、その不発率が3割から4割に及ぶのに対し、アメリカが供与するものは不発率が2.35%以下の種類に限ると強調しました。

クラスター爆弾はオスロ条約で製造や使用が禁止されていますが、アメリカやウクライナ、ロシアなどは加盟していません。

バイデン大統領が11日からのNATOの首脳会議で、ヨーロッパ各国などに理解を求めるとみられます。