日テレNEWS
国際
2013年7月10日 8:41

化学兵器はシリア反体制派が使用~露政府

 内戦が続くシリアで化学兵器が使用された問題で、ロシア政府は9日、「化学兵器は反体制派によって使用された」との独自の調査結果を明らかにした。

 シリアでは、アサド政権側と反体制派による内戦で、化学兵器が使用されたことが明らかになっており、アメリカ政府は先月、「政権側によって使用された」と結論づけていた。これに対し、ロシアのチュルキン国連大使は9日、記者会見を開き、「反体制派がサリンを使用した証拠が得られた」と発表した。今年3月に北部アレッポで反体制派によって撃ち込まれた砲弾を、ロシアの調査団がアサド政権の依頼を受けて分析した結果、中からサリンが見つかったという。

 アサド政権を支持するロシアは調査結果を発表することで、反体制派に対する武器供与を決めたアメリカをけん制する狙いがあるとみられる。