日テレNEWS
国際
2014年3月24日 0:13

フランスも衛星で“物体”発見 航空機不明

 行方不明になっているマレーシア航空機の捜索についてフランス外務省は23日、衛星のレーダー探知でオーストラリア沖で物体が浮いているのを見つけたと発表した。

 フランス外務省によると、衛星のレーダーが物体をとらえたのはオーストラリアのパースの沖合約2300キロ。フランスは、この情報をマレーシア政府に伝えた上で衛星での捜索を強化する方針を発表した。この海域では中国当局も衛星画像で20メートルを超える物体を見つけている他、オーストラリアの民間機も多数の物体を確認しているという。

 こうした中、自衛隊のP3C哨戒機2機が23日、マレーシアからオーストラリアのパースの空軍基地に到着した。準備を進めた上で早ければ24日から捜索を始めるという。