日テレNEWS
国際
2017年3月16日 11:15

サイバー攻撃 米が露情報機関職員ら起訴

 インターネットサービス大手「ヤフー」がサイバー攻撃を受け、5億人分の個人情報が盗まれた問題で、アメリカの司法省は15日、ロシアの情報機関の職員など4人を起訴したと発表した。

 司法省「アメリカ史上、最大のデータ流出について発表する。起訴対象はロシアの情報機関職員2人とハッカー2人だ」

 司法省によると、ロシアの情報機関の職員2人は、ハッカー2人を雇い、2014年から去年にかけてヤフーに対してサイバー攻撃をしかけ、利用者の名前や電話番号など少なくとも5億人分の個人情報を盗んだという。司法省はロシアに対し情報機関の職員らの身柄を引き渡すよう求める方針。

 今回の措置を受け、ヤフーは、FBI(=連邦捜査局)による捜査と司法省の対応に感謝するとの声明を発表した。

 一方、タス通信によると、ロシアのペスコフ大統領府報道官は、「我々は情報を持っていない」とコメントしている。