×

  • 日テレNEWS NNN
  • 国際
  • ウクライナ首都キエフでは…ホテルに“ショットガン”や“ガスマスク”

ウクライナ首都キエフでは…ホテルに“ショットガン”や“ガスマスク”

2022年3月20日 19:57
ウクライナ首都キエフでは…ホテルに“ショットガン”や“ガスマスク”

ロシアの侵攻が続くウクライナの首都キエフにジャーナリストの佐藤和孝さんが入りました。現場から伝えてもらいます。

    ◇

キエフの街は静まりかえっている印象です。20日午前1時すぎに空襲警報が鳴りましたが、今は銃声や砲撃音などは聞こえず静かです。

19日にキエフに入ったときには、ほとんどの店がシャッターを閉めていて、人影もほぼありませんでした。みなさん、息をひそめているといった印象です。19日夕方には、街の北西25キロほどで煙が上がっているのがみえましたが、今現在は煙はみえていません。

19日にキエフに入りましたが、キエフへの入り口では大きな検問があり、一般車両は大渋滞していました。援助団体などは緊急車両のほうを通過して入っていました。中に入ると、街中はほとんどバリケードでふさがれ、蛇行しなければ進むことはできない、そういった場所がいくつもありました。

10日間以上取材を続けていたリビウの街では、多くの人たちが街にでていましたが、キエフにきてほとんど人影をみていません。ホテルの入り口にはショットガンがあったり、ガスマスクも用意されていました。