日テレNEWS
国際
2022年6月16日 19:05

仏独伊の首脳が激しい戦闘のあったイルピン視察

ウクライナを訪問しているフランス、ドイツ、イタリアの首脳はゼレンスキー大統領との会談に先立ち、激しい戦闘があったイルピンを訪れました。

フランスのマクロン大統領、ドイツのショルツ首相、イタリアのドラギ首相の3人は、16日、激しい戦闘があった首都キーウ近郊のイルピンを訪れました。

ロシア軍の攻撃で廃墟となった建物などを視察したのち、マクロン大統領は「ロシア軍によって虐殺や戦争犯罪が行われた」としてロシア側を非難した上で、「フランスはウクライナとともにある」と述べました。3人がキーウを訪れるのはウクライナ侵攻後初めてです。

この後、ゼレンスキー大統領と会談する予定で、ウクライナのEU=ヨーロッパ連合への加盟申請や軍事支援などについて協議するものとみられます。