×

プーチン大統領、ザポリージャ原発をロシア管理下に置く大統領令に署名

2022年10月6日 14:02

ロシア軍が占拠しているウクライナのザポリージャ原子力発電所をめぐり、プーチン大統領はロシアの管理下に置く大統領令に署名しました。

ロシア国営のタス通信などによりますと、プーチン大統領は5日、ロシア軍が占拠しているウクライナ南部のザポリージャ原発を国有化し、ロシアの管理下に置く大統領令に署名しました。

運営にあたる新たな組織を設立するとしています。ザポリージャ原発は、現在ロシア軍が占拠していますが、運営はウクライナの職員が行っています。

この決定に、ウクライナ大統領府顧問のポドリャク氏はロシア国営原子力企業への制裁やロシアとの原子力関連の協力を拒否するよう国際社会に呼びかけました。

IAEA=国際原子力機関はこの決定をうけウクライナに滞在しているグロッシ事務局長が関係当局と協議を行うとの声明を発表しています。

  • 日テレNEWS NNN
  • 国際
  • プーチン大統領、ザポリージャ原発をロシア管理下に置く大統領令に署名