日テレNEWS
国際
2022年4月22日 7:02

米バイデン大統領“追加軍事支援”ウクライナ首相に伝える 14万発の砲弾や「フェニックス・ゴースト」供与も

ロシアのプーチン大統領はウクライナ南東部マリウポリの制圧を宣言しましたが、ウクライナ側は抵抗を続けていて、アメリカ国防総省の高官はロシア軍の攻撃が続いていると述べています。

プーチン大統領はショイグ国防相からマリウポリの戦況の報告を受け、「作戦は成功した」と制圧を宣言しました。

一方で、ウクライナ側の部隊が抵抗を続け、大勢の市民が避難している製鉄所への攻撃中止を指示し、「ハエ一匹出入りしないように」と封鎖を指示しました。

ゼレンスキー大統領「マリウポリの大部分はかなり前から占拠されている。しかし、一部の地域にはウクライナ軍がまだ残っている」

これに対し、ウクライナのゼレンスキー大統領は21日、ウクライナ軍がマリウポリで抵抗を続けていると述べました。また、「マリウポリでは民間人およそ12万人が避難できずにいる」と述べたうえで、「ロシア側が妨害している」と非難しました。

アメリカ国防総省の高官もマリウポリは制圧されていないとの見方を示し、ロシア軍が空爆などの攻撃を続けているとの分析を明らかにしています。

こうした中、アメリカのバイデン大統領は21日、ウクライナに対し、新たに最大8億ドル、日本円で1千億円相当の追加の軍事支援を行う方針を発表しました。

バイデン大統領「アメリカと同盟国は、ウクライナ軍に必要な装備を出来る限り早く送り続ける」

東部ドンバス地方での戦いを支援するため、りゅう弾砲72門や14万4000発の砲弾、さらにウクライナ軍のために特別に作られた「フェニックス・ゴースト」と呼ばれるドローンなどを供与します。

また大統領は、5億ドルの追加の経済支援を行うことも発表し、こうした方針を、ウクライナのシュミハリ首相と会談して直接、伝えました。

一方で、バイデン大統領は、ロシアとロシアに関係する船舶のアメリカへの入港を禁止することも発表しています。