日テレNEWS
国際
2019年6月27日 13:21

G20 中国・習近平国家主席が関空に到着

中国の習近平国家主席が、G20大阪サミット(20か国・地域首脳会議)に出席するため関西国際空港に到着した。

習主席が日本を訪れるのは2013年に国家主席に就任して以来初めて。このあと予定されている日中首脳会談で安倍首相は先週、金正恩委員長と会談した習主席と北朝鮮問題について協議し拉致問題解決にむけ改めて協力を求める方針。また、来年の春頃を目指して調整が続く習主席の国賓としての訪日についても意見が交わされるとみられる。

一方、今回、習主席にとって最大の課題はアメリカのトランプ大統領との首脳会談。互いの輸入品に関税をかけあい対立する米中の貿易摩擦は、ハイテク分野の主導権争いに発展し、アメリカはファーウェイなど中国企業を排除する動きを加速させている。こうしたなか中国は、G20サミットの場でも保護主義に断固として反対する立場を鮮明にするものとみられる。

様々な圧力で中国の産業構造の改革を迫るトランプ大統領に、習主席がどう答えるのか、大阪で開かれる米中首脳会談の行方に世界が注目している。