日テレNEWS
国際
2020年1月7日 10:24

トヨタ自動 静岡に“実証実験”都市を構想

トヨタ自動車は、6日、アメリカ・ラスベガスで会見を開き、静岡県に自動運転などの実証実験を行う都市をつくる構想を発表した。

トヨタ自動車の豊田章男社長は、世界最大級の家電・IT見本市「CES」の開幕を前に会見を行い、静岡県裾野市に自動運転やAI(=人工知能)などの実証実験を行う都市をつくる構想を明らかにした。

東富士工場の跡地となるおよそ70万平方メートル、東京ドームの15倍の広さの敷地に、実際に人々が暮らして検証を重ね技術開発を加速させるという。

トヨタ自動車・豊田章男社長「この都市(ウーブン・シティ)は小さいものかもしれないが、(世界をよりよくするという)約束を果たす重要な一歩となることを望んでいる」

着工は、来年の初めごろを予定しているという。