日テレNEWS
国際
2020年4月4日 12:24

リーマンショックよりはるかに深刻~IMF

IMF=国際通貨基金は3日、新型コロナウイルスが世界の景気に与える影響についてリーマンショックの時よりはるかに深刻な状況にあるとの見方を示しました。

新型ウイルスの感染拡大による影響について、IMFのゲオルギエワ専務理事は3日、WHO=世界保健機関との共同記者会見で、「IMFの歴史のなかで、これほど世界経済が停滞した状況はかつてなかった」「世界的な金融危機、リーマンショックの時よりはるかに深刻だ」などと危機感を示しました。

ゲオルギエワ氏によりますと、これまでに90か国以上から緊急融資の要請があったということです。

これに対しIMFは、1兆ドルの融資資金を準備するととともに、医療態勢がぜい弱な新興国などに対し、医師や看護師、病院などを確保するための医療支出を優先するよう呼びかけました。