日テレNEWS
国際
2020年4月30日 7:15

米国務長官「何が起きても非核化を目指す」

北朝鮮の金正恩委員長の「健康不安説」が伝えられる中、アメリカのポンペオ国務長官は29日、「北朝鮮の指導体制に何が起きても、アメリカは北朝鮮の完全な非核化を目指す」との考えを示しました。

ポンペオ国務長官は、金委員長の健康状態について「把握しているが言えない」などとするトランプ大統領のコメントに、「付け加えることはない」とした上で、北朝鮮の指導者が誰であっても、アメリカは北朝鮮の「完全な非核化」を目指すと強調しました。

ポンペオ国務長官「北朝鮮の指導体制に何が起きても、我々のゴールは同じだ。検証可能な方法による完全な北朝鮮の非核化を目指す」

また、ポンペオ長官は過去の訪朝について振り返る中で、「金委員長の妹や他の幹部とも会う機会があった」と述べ、金委員長の政権運営が困難になった場合の後継者の可能性が取り沙汰されている金与正氏と面識があることに言及しました