日テレNEWS
国際
2020年5月8日 12:28

“流出”米長官「正しくないかもしれない」

新型コロナウイルスの発生源をめぐり、アメリカのポンペオ国務長官は7日、中国・武漢市にある「研究所から発生したという証拠があるが、正しくないかもしれない」と述べました。

ポンペオ国務長官「ウイルスが(武漢市の)研究所から発生したという証拠を見たが正しくないかもしれない」

ポンペオ長官はこれまで、武漢市の研究所からの「流出説」について、「多くの証拠がある」としていますが、7日に出演した別のラジオ番組でも「間違っているかもしれない」と述べるなど、主張のトーンを弱めています。

一方、トランプ大統領は7日、発生源について調査している情報機関の報告書について、公表するかは「分からない」と述べました。

トランプ大統領「報告書が出てくる。君たちに見せるかどうかは分からない」

アメリカ政府の批判に対し、中国外務省は連日反論を繰り返しています。7日の会見では米国での感染拡大の責任を「中国になすりつけるべきではない」などと激しく反発しました。