日テレNEWS
国際
2020年6月2日 14:14

トランプ大統領 突然徒歩で姿見せる

アメリカのトランプ大統領が1日、黒人差別に抗議するデモ隊が、連日大勢集まっているホワイトハウス前に突然、徒歩で姿を見せました。

大統領は夕方、ホワイトハウスで演説を行った直後、大勢の警護隊に囲まれながら、徒歩でホワイトハウス前の公園に姿を見せました。

大統領の突然の外出に、記者やカメラマンは大混乱。

実は大統領が徒歩で通過する直前、現場には黒人差別に反対するデモ隊が集まっていましたが、警官隊が催涙ガスをまき、退散させていました。

大統領は、デモ隊がいた道路を横切り、たどり着いた先は教会でした。

トランプ大統領「我々の国家は偉大だ」

CNNは、情報筋の話として、最近、大統領が地下室に避難していたとの報道が流れたため、堂々と外を歩く映像を撮らせたかったと伝えています。

また、教会訪問は支持基盤へのパフォーマンスで、そのために「平和的な抗議者に催涙ガスがまかれた」と批判しています。