日テレNEWS
国際
2020年7月13日 10:38

香港“民主派候補”予備選 61万人が投票

香港では、9月に行われる立法会議員選挙を前に、民主派の候補者を決める予備選挙が行われ、61万人以上が投票しました。

この予備選挙は、今年9月の立法会議員選挙で、民主派の候補者が同じ選挙区から複数立候補し、共倒れして親中派に敗れるのを防ぐ目的で実施されました。各地の投票所で大行列ができるなど有権者の関心は高く、投票者数は主催者が目標としていた17万人を大幅に上回る61万人以上となりました。

選挙結果を受けて民主派団体は9月の選挙の立候補者を決定する予定です。ただ、香港の政府高官はこの予備選挙について、反政府行為などを取り締まる「香港国家安全維持法」に違反する可能性があると発言しています。

このため、9月の選挙では、政府に批判的な意見の立候補者が選挙管理委員会から認められないのではないかとの懸念が広がっています。