×

  • 日テレNEWS NNN
  • 国際
  • 北朝鮮 故・金日成主席の命日 大勢を同行させ異例の参拝 正恩氏“唯一指導体制”を強化

北朝鮮 故・金日成主席の命日 大勢を同行させ異例の参拝 正恩氏“唯一指導体制”を強化

2022年7月8日 10:05
北朝鮮 故・金日成主席の命日 大勢を同行させ異例の参拝 正恩氏“唯一指導体制”を強化

北朝鮮の金正恩総書記は祖父・金日成主席の命日にあたり、遺体が安置されている宮殿を参拝しました。6日まで行われた会議の出席者らも同行させる異例の対応をとっています。

8日付の朝鮮労働党の機関紙「労働新聞」は、祖父・金日成主席の28周忌にあわせ、金正恩総書記が遺体が安置されている錦繍山太陽宮殿を参拝したと報じました。6日まで開かれていた生活指導を担当する幹部を集めた講習会の出席者らも同行させています。

党の最高幹部のほかに大勢を同行させるのは異例で、韓国メディアは特定の会議参加者を伴って参拝するのは「初めて」だと伝えています。

講習会では金正恩総書記が「党中央の唯一の指導に絶対に服従すべき」と強調していて、参加者を参拝に同行させることで“唯一指導体制”の強化を図る狙いがあるものとみられます。

■写真:8日付「労働新聞」