日テレNEWS
国際
2020年8月27日 16:58

NZ史上初 銃乱射被告、仮釈放なし終身刑

去年3月ニュージーランドで起きた銃乱射事件で、裁判所は27日、被告の男にニュージーランド史上初めてとなる、仮釈放無しの終身刑を言い渡しました。

オーストラリア人のブレントン・タラント被告は去年3月、クライストチャーチの2か所のモスクで銃を乱射し、51人を殺害したなどとして、92の罪に問われています。

クライストチャーチの高等裁判所は27日、タラント被告に対し仮釈放無しの終身刑を言い渡しました。

地元メディアによりますと裁判長は被告に対し「非人道的で残虐な犯罪だ。死ぬまで刑務所に入っても十分な罰ではない」と厳しく指摘しました。

裁判長「あなたは殺人者であるだけではなくテロリストだ」

死刑が廃止されたニュージーランドでは終身刑が最高刑で、仮釈放が認められない終身刑は初めてです。