×

  • 日テレNEWS NNN
  • 国際
  • クレムリン“攻撃”ロシアがテロ未遂事件として捜査開始 米・戦争研究所は「自作自演」の可能性指摘

クレムリン“攻撃”ロシアがテロ未遂事件として捜査開始 米・戦争研究所は「自作自演」の可能性指摘

2023年5月4日 12:02

モスクワ中心部にあるロシア大統領府「クレムリン」で3日に起きた無人機によるとされる攻撃について、ロシア側はテロ未遂事件として捜査を始めたと発表しました。一方、アメリカの「戦争研究所」は、ロシアによる「自作自演」の可能性を指摘しています。

ロシア大統領府は、ウクライナの無人機2機が3日未明にクレムリンを攻撃しようとしたと発表し、「プーチン大統領の命を狙ったテロ行為」だとして、「報復措置をとる権利を持つ」と強く反発しています。この攻撃についてロシアの捜査当局は、テロ未遂事件として捜査を開始したと発表しました。

一方、ウクライナのゼレンスキー大統領は3日、関与を否定しています。

ウクライナ・ゼレンスキー大統領「プーチンやモスクワを攻撃しない。我々は自分たちの領土で戦っている」

アメリカの政策研究機関「戦争研究所」は3日、「2機の無人機が何層もの防空網をくぐり抜け、クレムリンの真上で爆発する劇的な映像が捉えられたことは極めてありそうもない」として、ロシアがより広範囲の社会的な動員をおこなうための自作自演の可能性を指摘しました。

こうした中、ロシアメディアは4日、ロシア南部・クラスノダール地方の石油精製施設で無人機攻撃があり、火災が発生したと報じました。ロシア領内などでは最近、ウクライナの関与が指摘される攻撃や爆発が相次いでいます。

ロシアの民間軍事会社「ワグネル」創設者のプリゴジン氏は3日、こうした状況を受けて、ウクライナによる反転攻勢は「実質的にすでに始まっている」との見方を示しました。