日テレNEWS
国際
2020年11月12日 13:31

ブラジル 中国製ワクチンの臨床試験を再開

ブラジル政府は、一時中断していた中国製の新型コロナウイルスワクチンの臨床試験を再開すると発表しました。

ロイター通信によりますと、ブラジルの衛生当局は11日、中国の製薬会社「シノバック」が開発したワクチンの臨床試験の再開を許可すると発表しました。

このワクチンを巡っては、今月9日、「深刻な事態」が起きたとして一時的に試験を中断していました。ロイター通信によりますと、被験者の死亡例があったものの、その後、死因は自殺とわかったため衛生当局が再開を許可したということです。

シノバックは声明を発表し、「ワクチンの安全性に対する自信に満ちており、ブラジル衛生当局の厳格な管理と迅速な臨床試験の再開を称賛する」などとしています。