日テレNEWS
国際
2021年5月19日 23:04

トランプ氏かつて経営の企業 刑事捜査開始

アメリカのトランプ前大統領が経営していた企業をめぐる税金逃れの問題について、ニューヨーク州の司法当局が刑事事件として捜査を始めました。

ニューヨーク州の司法長官事務所は18日、声明を出し、トランプ氏が大統領就任前に経営していた不動産企業「トランプ・オーガニゼーション」について、「もはや純粋な民事ではなく、刑事事件として捜査に入っている」として、刑事事件としての捜査を開始したことを明らかにしました。

アメリカメディアによりますと、「トランプ・オーガニゼーション」は、不動産の資産価値を過少申告して税金逃れを図った疑惑が持たれています。マンハッタン地区の検察も税関連の不正の疑いで捜査を進めていて、今後、ニューヨーク州の司法当局と連携していくということです。

今後の捜査の展開によってはトランプ氏の政治活動に影響を与える可能性もあります。