日テレNEWS
国際
2021年7月5日 11:42

ウイルスから独立「近づいている」米大統領

ワクチンの接種が進むアメリカは独立記念日を迎えています。バイデン大統領が演説し、「ウイルスからの独立に、かつてないほど近づいている」と社会の正常化をアピールしました。

ホワイトハウスの庭には約1000人が招待され、バーベキューパーティーが開かれています。花火も打ち上げられ、市内もお祝いムードに包まれています。

ホワイトハウスの庭には、医療従事者や軍関係者らが招かれ、マスクなしで食事や記念撮影を楽しんでいます。バイデン大統領は「アメリカは戻ってきた」と社会の正常化をアピールしました。

バイデン大統領「ウイルスからの独立の宣言に、かつてないほど近づいている。しかし、ウイルスとの戦いが終わったという意味ではない。まだ多くのやるべきことがある」

アメリカでは、5月中旬にCDC=疾病対策センターがマスク着用の指針を緩和して以降、国内の雰囲気が一変しました。一方でワクチンの接種は頭打ちで、大統領がこの独立記念日までの目標として掲げた成人7割の接種は、早々に断念しました。

デルタ株も広がりを見せつつあり、新規感染者の4人に1人となっています。ある専門家は「『ウイルスからの独立』を祝うことが、まだ接種していない人への誤ったメッセージになる」と、この日のイベント開催にも警鐘を鳴らしています。