日テレNEWS
国際
2021年8月26日 22:39

米 接種で“観覧車無料” コミック配布も

アメリカ・ニューヨークに観覧車が登場しました。これが実は、ワクチンの接種加速に一役買っているといいます。一方、韓国では、18歳以上の若い世代を対象とした接種が始まりました。海外でのコロナをめぐる最新の動きです。

    ◇◇◇

■アメリカ 接種で先着100名“観覧車無料” 人気コミックの特別版を無料で配布も

アメリカでは、感染者が3800万人を超えています(アメリカ 感染者3822万3219人 死者63万2272人 米ジョンズ・ホプキンス大 26日午後4時時点)。

徐々に人出が戻るニューヨークの街中に現れたのは、高さおよそ33メートルの観覧車です。360度ぐるっと街中を見渡せるこの観覧車ですが、実は、新型コロナウイルスのワクチンを接種した人は、1日につき先着100人まで無料で乗ることが出来るのです。

ワクチンの接種証明を利用して乗った家族
「多くの人がワクチンを接種して、こうして外出できるようになってうれしいです」

ニューヨーク市は、こうしたイベントでワクチン接種の加速につなげたい考えです。さらに、若者の接種促進のため、アメリカの人気コミック「アベンジャーズ」の特別版も無料で配布されました。

一方─。

「ワクチン反対!」

同じニューヨークで行われたのは、ワクチン接種に反対する人たちによるデモです。

ロイター通信によりますと、ニューヨーク市では先週から、飲食店の利用者などに「ワクチン接種証明」の提示を義務づけていて、一部の住民などから反発を招いているといいます。

「市民に圧力をかけて接種をさせるのは、間違っていると思います」

ほとんどの人が、マスクをせずに参加していました。

■韓国 9月下旬の連休前に国民の7割“少なくとも1回”接種を目指す

連日2000人前後の感染者が確認されている韓国では、第4波に直面する中、ワクチン接種に新たな動きがありました(韓国 感染者24万3317人 死者2257人 韓国・保健当局 26日時点)。

26日から、18歳から49歳までの若い世代への一般接種が、始まりました。韓国では、国民の半分以上が、1回目の接種を終えていますが、ワクチンの供給不足のため、予約が10月上旬までずれ込んでいた人もいます。

接種した人(20)
「早く打ちたいという気持ちは、すごくありました。打つことが出来て良かったです」

保健当局は最近になり、ワクチンの供給に余裕が出てきたとして、1回目の接種日程を前倒しできるよう、9月の接種枠を拡大しました。韓国では、9月下旬に日本で言うお盆休みの連休が控えていて、政府は、連休前に国民の7割が少なくとも1回の接種を受けられるよう目指しています。

■スリランカ “段ボール製の棺”…高価な木製の棺が手に入らない人など購入か

今月20日から10日間のロックダウンを行っているスリランカでは、誰もいない街から人の姿が消え、閑散とした様子になっていました(スリランカ 感染者40万7768人 死者7948人 米ジョンズ・ホプキンス大 26日午後4時時点)。

一方、ある工場では、作業員たちが手際よく段ボールを組み立てていきました。完成したのは、段ボール製の棺です。ロイター通信によりますと、コロナによる死者が増える中、高価な木製の棺が手に入らない人などの購入が多いということです。

    ◇◇◇

こうした中、WHO(=世界保健機関)のテドロス事務局長は世界の感染者について─。

WHO・テドロス事務局長
「2か月近く上昇してきた、新型コロナウイルスの感染者と死者数が先週横ばいになった」

1週間の新規感染者がおよそ450万人、死者が6万8000人と、前の週と比べほぼ横ばいになったと発表しました。ただ、国や地域によって状況は異なるとしています。