日テレNEWS
国際
2021年11月3日 13:09

話題沸騰「絶滅を選ぶな」恐竜が国連で演説

話題沸騰「絶滅を選ぶな」恐竜が国連で演説

今、話題となっている動画。ニューヨークの国連本部で開かれている国連総会の会場に突然現れたのは、絶滅したはずの恐竜だ。各国の代表らに対し恐竜は「絶滅を選ぶな」と語りかけ、気候変動対策の強化を訴えた。

UNDP(=国連開発計画)が公開した動画が話題となっている。

アメリカ・ニューヨークの国連本部に響き渡る大きな足音。世界中のリーダーらがスピーチを行う総会議場に突然現れたのは、絶滅したはずの恐竜だ。慌てふためく各国の代表らを前に、恐竜は演説を始めた。

恐竜「いいか、俺は絶滅については詳しい。絶滅なんてしない方がいい。自ら絶滅するなんて最も愚かな行為だ。恐竜は隕石が原因だが人類の言い訳は?」

この動画は、UNDPが気候変動問題を話し合うCOP26の開催に合わせて公開したものだ。恐竜は「各国政府は毎年、化石燃料に巨額の補助金を費やしている」と批判し、気候変動対策の強化を訴えた。

国連の総会議場内でCGを使って作成された初めての動画だという。

UNDP(=国連開発計画)ウリカ・モデール対外関係アドボカシー局長「この動画は面白く魅力的ですが、語っている問題はこれ以上ないほど深刻なものです。国連事務総長は、気候危機を『人類に対する厳戒警報』と評しました。いかに深刻な状況であるか、意識を高める必要があります。将来を生きる世代のために地球を守るには、世界は気候変動対策を強化しなければならないのです」

動画はUNDPのツイッターで、およそ100万回再生されるなど、世界中で注目されている。UNDPの駐日代表事務所で広報官を務める保田さんは、動画を視聴した人から大きな反響があったと話す。

UNDP(=国連開発計画)駐日代表事務所・保田由布子さん「この動画は日本語を含め16言語で公開されました。インターネット上はもちろんのこと、各国の街中の掲示板や空港などでも上映され、世界中で大きな反響を呼んでいます。SNS上でも拡散され、『面白い』『絶滅した恐竜に言われると説得力がある』などの声をいただきました。恐竜(名前はフランキー)は、ツイッターで『イギリス・グラスゴーで開催中のCOP26にも乗り込みたい』とつぶやいています。動画がより広まり、多くの方に気候危機を今対処しなければならない、自分ごととして考えていただければ嬉しいです」

「絶滅を選ぶな」恐竜から人類へのメッセージに私たち一人一人が耳を傾けなければならない。

恐竜「今が最大のチャンスだ。コロナから立ち直り経済を再建する時こそ人類にとって絶好の機会だ。俺から提案がある。絶滅を選ぶな。手遅れになる前に人類を救え。言い訳はやめて変化を起こすために立ち上がれ」

写真提供:UNDP=国連開発計画