×

  • 日テレNEWS NNN
  • 国際
  • モスクワやクリミア半島で相次ぎドローン攻撃 ロシア国防省に近いエリアにも…“妨害電波で墜落”

モスクワやクリミア半島で相次ぎドローン攻撃 ロシア国防省に近いエリアにも…“妨害電波で墜落”

2023年7月25日 1:44

ロシアの首都モスクワやロシアが実効支配するウクライナ南部のクリミア半島で、ドローンによる攻撃が相次ぎました。

ロシア国防省などによりますと、ウクライナのドローン2機が24日、首都モスクワに飛来し、1機が建設中のビルの上層階にあたりました。また、もう1機は市中心部の国防省に近いエリアに飛来しました。国防省は妨害電波で墜落させ、死傷者は確認されていません。

記者「私の後ろに見えるのがドローンが落ちた現場です。屋根がめくれています。国防省からわずか500メートルの現場です。その余波で、商店のガラスが割れてしまっています」

住民「正確な時間はわかりませんが、とても大きな音がしました。すぐに雷でなく何か恐ろしいことであることがわかりました」

一方、今月17日に橋が爆破されたクリミア半島でもウクライナ軍によるドローン攻撃があり、弾薬庫が被害を受けました。地元知事は、防空部隊がドローン11機を撃墜したとしています。