日テレNEWS
国際
2022年6月3日 14:13

ゼレンスキー大統領「セベロドネツクがいま一番厳しい」

ゼレンスキー大統領「セベロドネツクがいま一番厳しい」

ウクライナのゼレンスキー大統領は2日、ロシア軍が完全掌握を目指す東部の要衝セベロドネツクについて激しい攻撃を受けていて、厳しい状況にあると明らかにしました。

ゼレンスキー大統領「セベロドネツクの状況が、いま一番厳しい。リシチャンシク、バフムトなど近隣地域も同様に、ロシアの強力な攻撃にさらされている」

ゼレンスキー大統領は2日、ビデオ声明でこのように述べ、セベロドネツクだけでなく、周辺地域も激しい攻撃を受けていると明らかにした上で、「占領されている地域では大惨事が起きている。すべての責任はロシアにある」と非難しました。

一方、アメリカの政策研究機関「戦争研究所」は2日、ロシア軍はセベロドネツクがあるルハンシク州を掌握した上で、ドネツク州に向かうとの分析を明らかにしました。

ただ、セベロドネツク周辺で損失を出しているため、「ドネツク州で相当な領域を奪うのに必要な戦力があるとは考えにくい」との見通しを示しています。