×

G20、ウクライナ侵攻に抗議し一部の国が退席も…日本は退席せずロシアを非難

2022年4月21日 14:17
G20、ウクライナ侵攻に抗議し一部の国が退席も…日本は退席せずロシアを非難

ロシアを含むG20=主要20か国・地域の財務相・中央銀行総裁会議が20日、アメリカのワシントンで開かれました。ロシアの出席に反発し、一部の国が退席する場面もありましたが、日本は退席しませんでした。

会議では、オンライン形式で出席したロシアの財務相が発言する際、アメリカ、イギリス、カナダの代表らが、ロシアのウクライナ侵攻に抗議するために一斉に退席する、異例の展開となりました。

日本の鈴木財務大臣は退席せず議場に残り、ロシアを厳しく非難しました。

鈴木財務大臣「退席せずに、ロシアのウクライナ侵略は世界経済が直面する混乱の元凶であって、現下の情勢において、ロシアのG20参加はすべきではないと」

一方で、ロシアメディアは、シルアノフ財務相がG20を政治利用しないよう求め、いくつかの国の代表がロシアを支持したと伝えています。

参加国の意見対立により、共同声明のとりまとめは見送られ、G20内の対立が改めて鮮明になりました。

一方、G20に続いてG7=主要7か国の財務相らが会談し、ロシアのG20などへの参加を遺憾だとする共同声明を発表しました。「国際機関や多国間フォーラムは、もはやこれまでどおりにロシアとの間で活動を行うべきではない」としています。

  • 日テレNEWS NNN
  • 国際
  • G20、ウクライナ侵攻に抗議し一部の国が退席も…日本は退席せずロシアを非難