×

  • 日テレNEWS NNN
  • 国際
  • 北朝鮮、新型ICBM「火星17」発射実験の映像公開 “予定した水域に正確に着弾した”

北朝鮮、新型ICBM「火星17」発射実験の映像公開 “予定した水域に正確に着弾した”

2022年11月19日 18:57
北朝鮮、新型ICBM「火星17」発射実験の映像公開 “予定した水域に正確に着弾した”

北朝鮮メディアは、金正恩総書記立ち会いのもと、18日、新型ICBM(=大陸間弾道ミサイル)の発射実験を行ったと報じて、映像を公開しました。また、金総書記に同行したとして娘の写真を公開し、初めて動静を伝えています。

北朝鮮メディアは、平壌の国際空港で18日に新型ICBM「火星17」の発射実験を行ったとして、19日午後、発射の映像を公開しました。ミサイルは高度6040キロまで上昇し、およそ69分かけて999キロ飛行、日本海上の予定した水域に正確に着弾したと主張しています。

指導した金総書記は、日米韓による連携強化や軍事演習を念頭に、「アメリカと敵対勢力の軍事的威嚇が露骨になり危険極まりない」と指摘。「敵が核攻撃手段を通して引き続き脅威を加えるなら、 断固として、核には核で、正面対決には正面対決で応える」と警告しました。

また北朝鮮メディアは、金総書記と手をつないでミサイルの近くを歩き、発射を見守る少女の写真を公開し、「金総書記は愛する子と夫人と共に出向いた」と伝えています。金総書記の娘の動静が公式に報じられるのは初めてです。