×

トランプ前大統領“不倫口止め料”裁判 陪審員が有罪・無罪の評議に入る

2024年5月30日 8:31
トランプ前大統領“不倫口止め料”裁判 陪審員が有罪・無罪の評議に入る

アメリカの大統領経験者として史上初めて刑事責任を問われている、トランプ前大統領の不倫の口止め料をめぐる裁判が結審し、陪審員は有罪・無罪を話し合う評議に入りました。

トランプ前大統領が、過去の不倫関係を主張するポルノ女優に支払った「口止め料」を不正に処理したとされる事件の裁判でトランプ氏が有罪か無罪かを話し合う12人の陪審員による評議が29日始まりました。評議は非公開で行われ、評決には全員一致の必要があります。

初日の評議はおよそ4時間半で終了し、30日も引き続き評議は続きます。

トランプ前大統領
「選挙活動ができないのはとても不公平だ。朝から晩まで一日中この部屋にいた。バイデンの魔女狩りだ」

評決までどのくらい時間がかかるか不明ですが、アメリカメディアによるとトランプ氏は陪審員の評議が行われている間は、裁判所の建物内で待機する必要があるということです。

    • 日テレNEWS NNN
    • 国際
    • トランプ前大統領“不倫口止め料”裁判 陪審員が有罪・無罪の評議に入る