日テレNEWS
国際
2022年2月2日 20:40

トラック運転手に“接種義務化”で抗議デモ カナダ

カナダ政府は1月、アメリカとカナダの国境を越えるトラック運転手にワクチン接種を義務付けました。これに反発するトラック運転手らによる抗議デモがアメリカとの国境を結ぶ道路や国会前で行われました。

   ◇

カナダとアメリカとの国境を結ぶ道路に並ぶ無数のトラック。動き出す気配がありません。実は、トラック運転手による政府に対する抗議デモです。

抗議デモは国会前でも行われました。国旗やプラカードを掲げ、多くの抗議者たちが集まっていました。

実は、トルドー首相率いるカナダ政府は1月、アメリカとカナダの国境を越えるトラック運転手にワクチン接種を義務付けました。接種しない場合は、PCR検査と隔離を余儀なくされるといいます。トラック運転手らは そうした措置に反発したのです。

ロイター通信によりますと、カナダの国境を越えるトラック運転手のおよそ90%、国民のおよそ77%がワクチン接種を2回受けているということです。

一方、ワクチン接種を義務付けたトルドー首相は1月31日、ツイッターで、自身が新型コロナに感染したことを公表。体調は問題ないとしていて、公衆衛生ガイドラインに従い、今週はリモートで仕事を続けるということです。

そのトルドー首相は2日、ツイッターを更新。

「全国のトラック運転手のおよそ9割が接種を受け、経済を動かすために懸命に働いていることに感謝します。私たちが皆さんを頼りにしてきたように、皆さんも私たちを頼りにしてください」などとコメントしました。