×

  • 日テレNEWS NNN
  • 国際
  • ガザ地区地上作戦「第二段階」 人質の安否懸念も強まる…エルサレムから中継

ガザ地区地上作戦「第二段階」 人質の安否懸念も強まる…エルサレムから中継

2023年10月30日 18:02

イスラエル軍は、29日夜から30日にかけてガザ地区での地上作戦を拡大しています。エルサレムから最新情報を伝えてもらいます。

「戦闘は第二段階に進んでいる」として攻勢を強めているイスラエル軍ですが、この24時間で、およそ600のハマス側の拠点を攻撃したとしていて、攻勢をさらに強める構えです。

また、アメリカのCNNは、イスラエル側が発表した映像を分析し、イスラエル軍がガザ地区内におよそ3キロほど進軍した可能性があると報じています。

──ガザ地区での戦闘が激しさを増す中で、人質の安否への懸念も強まっていますよね?

はい、私はいま、エルサレムの広場に来ているんですが、人質の支援者たちが、人質の数と同じ分のベッドを展示して、解放を求めるイベントが行われています。中には、人質となっている赤ちゃん用のベッドも展示されています。

一方、ハマス側は、「イスラエルで投獄されているパレスチナ人全員を解放した時のみ、全ての人質を解放する」と人質解放の条件を提示しています。

地元メディアも社説で「人質解放のために全てのパレスチナ人の囚人を釈放しなければいけない」と訴えるなど、イスラエル政府に対して、早期の解放を求める声が、日に日に強まってきています。

しかし強気な姿勢を貫くネタニヤフ首相がハマス側の条件を受け入れるのかは不透明です。交渉の進展が見通せないまま、家族や友人らは不安が募る日々を送っています。