日テレNEWS
ライフ
2022年4月3日 15:38

「私が生まれ育った地区も砲撃に」ハルキウの被害を伝え続けるカメラマンの思い #StopWar

「私が生まれ育った地区も砲撃に」ハルキウの被害を伝え続けるカメラマンの思い #StopWar

ロシアによるウクライナへの軍事侵攻。住宅街にも砲撃が行われるなど、市民の犠牲は増え続けています。いま戦争を止めるためにはどうしたらいいのか、第二の都市・ハルキウの被害を伝え続けるカメラマンが思いを語りました。

     ◇

ハルキウ在住カメラマン パブロ・ドロゴイさん(36)
「私が生まれ育った地区も砲撃にさらされています。建物が破壊されました。辛いです。他の人のアパートに入ると、その人の人生の中に入る感じがします。住んでいた人の人生が全て破壊されたと分かります」

「私が唯一望むのは戦争が早く終わることです。再び平和な生活ができることを望んでいます」

(4月1日『news zero』より)