日テレNEWS
政治
2011年11月10日 14:54

野田首相 今夕にTPP交渉参加を表明へ

野田首相 今夕にTPP交渉参加を表明へ
(c)NNN

 TPP(環太平洋経済連携協定)への交渉参加について、野田首相は10日夕方、記者会見を行い、交渉への参加を表明する考え。

 9日夜の民主党の会合は約5時間に及んだ。その結果、「賛否両論があったが、『時期尚早・表明すべきではない』との発言が多かった。政府は十分に踏まえた上で、慎重に判断することを提言する」との内容が盛り込まれ、総会で了承された。「慎重に判断」とは書き込んだものの、推進派は「野田首相の最終判断を妨げるものではない」と理解しており、見解は分かれている。これを受けて、交渉参加に意欲を見せてきた野田首相は10日夕方、記者会見を行い、交渉参加を正式に表明する方針。

 また、藤村官房長官は10日午前、会見を行い、「(党が提言を)決定をされたら、政府・民主三役ですか、必要な閣僚委員会等を開き、そののちにどうするか、これら全てまだペンディング状況です。(首相は)慎重に判断することになると思います」と述べた。

 一方、国会では10日午前、自民、公明、社民、国民新党などが「現段階で国民に対する説明は決定的に不足している」として、交渉への参加表明に反対する決議案を衆議院に提出した。民主党は本会議での採決に応じない見通しだが、野党にも反対論が根強くある。

 10日夕方には最終決断を下す方針の野田首相には、民主党内だけでなく、国民に対する説明が問われている。