日テレNEWS
政治
2022年6月17日 12:02

細田議長 「週刊文春」を提訴へ 損害賠償や謝罪広告など求め

細田議長 「週刊文春」を提訴へ 損害賠償や謝罪広告など求め

衆議院の細田博之議長が「虚偽のセクハラ報道で名誉を傷付けられた」として、2000万円の損害賠償や謝罪広告の掲載を求め近く週刊文春を提訴することが分かりました。

細田議長をめぐっては週刊文春が女性記者らに日常的にセクハラを行っているなどと繰り返し報じていました。

関係者によりますと細田議長は「セクハラ報道は一切事実無根で、伝聞に基づく客観的証拠のない報道で著しく名誉を傷付けられた」などとして、近く週刊文春を発行する「文藝春秋」を東京地裁に提訴するということです。

細田議長側は週刊文春に対して2000万円の損害賠償を求めるとともに、謝罪広告の掲載も請求する方針です。

現職の衆議院議長が名誉を毀損されたとして民事訴訟を起こすのは異例のことです。