日テレNEWS
政治
2013年1月8日 19:51

丸テーブル囲み…11年ぶり閣議公開

丸テーブル囲み…11年ぶり閣議公開
(c)NNN

 けさ、報道陣に向かい右手をあげ笑顔で官邸に入った安倍首相。きょうも首相官邸では定例の閣議が行われました。首相を中心に閣僚がコの字に並ぶ光景。実はこれ、閣議が始まる前の様子を撮影したもので閣議自体は通常、非公開とされ撮影は許されません。それがきょうは特別に官邸の閣議室で行われている閣議の冒頭部分が約11年ぶりに報道陣に公開されました。丸いテーブルを囲む閣僚たち。1人1人に硯(すずり)と筆が用意されています。内閣が決定する方針などについて各閣僚が署名をするためのものです。

 小泉元首相のときに閣議が公開されたときの様子では、小泉首相が筆で花押(かおう)と呼ばれる署名をしている様子が見えます。このような署名をすべての閣僚が行わないと閣議決定とはなりません。政府高官によりますと今回の公開には「安倍内閣がオープンに物事を進める姿勢を示す」という狙いがあるということです。

 閣議に引き続き官邸では、安倍首相肝いりの日本経済再生本部の初会合が開かれました。そのなかで安倍首相は「10年以上にわたるデフレからの脱却、これへの取り組みというのは、人類史上劇的な取り組みだろう」と語りました。日本経済再生本部は安倍政権が最優先で取り組むと掲げた「経済再生」の司令塔となる組織です。初会合では「成長と富の創出の好循環」を目指すとする緊急経済対策の骨子をまとめました。

 安倍首相はきのう行われた経済団体などの新年会でも「デフレから脱却して円高を是正し、さらには経済を成長させていく」「あの年から日本は復活したんだなと思っていただけるような年にしていく決意です」「働く皆さんの収入が増えていく、こういう日本を作りたい」などと語り、「経済再生」を重ねてアピールしました。

 しかし、民主党最大の支持団体である労働組合「連合」の新年会ではこんな一幕もありました。安倍首相が挨拶を終えると、司会者は「安倍首相ありがとうございました。安倍首相は公務によりここで退出されます。来年の午年(うまどし)にまたお会いできるかどうか分かりませんけども…」と話しました。2007年に安倍首相が辞任して以降、首相が1年ほどで交代する事態が続いていることを指摘したのでしょうか。再登板となった安倍首相、経済再生を成功させ、今度は長期政権を目指したいところです。

 そんな安倍首相、年末年始はどう過ごしたのでしょうか。フェイスブックには元日に昭恵夫人と撮影した新年のツーショットを掲載。1月3日には秘書官らとゴルフを楽しみました。スコアに関して安倍首相は「思いのほか、いい結果が出まして、秘書官よりもはるかにいいスコアでございまして幸先がいいなと、思っている次第でございます」と語りました。

 また6日には、翌日の仕事始めを前に髪を整えていました。「リフレッシュできましたか」という記者からの問いかけに対して、安倍首相は「はい」と笑顔で応えました。いよいよ本格的に動き出した安倍政権。自ら掲げた「経済再生」を実現できるかがこれから問われることになります。