日テレNEWS
政治
2014年2月19日 16:30

来年度予算案、年度内成立目指す~与党幹部

来年度予算案、年度内成立目指す~与党幹部
(c)NNN

 自民・公明の与党幹部が19日朝、都内で会談し、来年度予算案について、今年度内の3月いっぱいまでの成立を目指す方針を確認した。

 石破幹事長「与党としては28日の衆議院通過というものを目指して今後、努力をする。28日に衆議院を通過するということになれば、参議院の審議を経た上のことだが、年度内成立ははっきりすると」

 会談の中で自公両党の幹部は、今年4月の消費税率引き上げなどに向け、経済対策を実行するためにも来年度予算案の年度内成立が必要との認識で一致した。その上で、予算案は憲法の規定で、参議院に送られてから30日たつと自然成立することから、今月28日までに衆議院で採決し、参議院に送ることを目指す方針を確認した。

 予算案を審議している衆議院予算委員会では、採決の前提となる中央公聴会が来週25日に行われることが決まっている。